【柏vs清水プレビュー】柏は前節今季初の無失点勝利…静岡ダービーに敗れた清水とホームで対戦

4月7日(金)20時5分 サッカーキング

■柏レイソル 若き司令塔の手塚康平がビルドアップの起点に

【プラス材料】
 前節の広島戦は、前線からのプレスと連動した守備が機能し、今季初の無失点勝利で連敗を食い止めた。さらにその形が見え始めたのは、先月のルヴァン杯の清水戦だったため、今節の対戦でもチーム全体が良いイメージを抱いたまま清水を迎え入れる。

 若き司令塔の手塚康平がスタメンに定着したことで、中谷進之介、中山雄太に続いてビルドアップの起点が増え、本来のパスワークが蘇った点も柏の調子が上がった大きな要因だ。細貝萌の加入もチームに新たな刺激をもたらし、競争意識も高まっている。

 また、今節は大谷秀和が出場すればJ1通算300試合出場となるだけに、チームには「勝って記録達成に花を添える」とモチベーションが高い。

【マイナス材料】
 ここにきてけが人が続出している。キャンプ中に負傷したユン・ソギョン、開幕戦で腰を痛めたハモン・ロペス、いまだ復帰の目処が立たない2人に続き、前節広島戦では武富孝介が負傷し、存在感を見せていたルーキーの古賀太陽も練習中に内転筋の肉離れによって戦列を離れた。前線からのプレスが機能し始めた矢先にハードワークができる武富を失うことは戦術的にも痛手であり、代役が予想されるクリスティアーノと伊東純也は、ともに今季はここまで精彩を欠き、前節の広島戦は両者揃ってスタメンから外れるなど状態は気がかりだ。

 また、SBも手薄な状況で、小池龍太や輪湖直樹にアクシデントが発生すれば一大事となる。

文:鈴木潤

■清水エスパルス センターバックの軸である角田誠が復帰

【プラス材料】
 まず大きいのは、センターバックの軸となる角田誠が出場自粛から復帰したことと、4月に入って多くのけが人が練習復帰してきたこと。角田以外は今節の先発はないだろうが、復帰して意欲的にプレーする選手が増えたことで、練習自体のレベルが上がっている。そのためレギュラー組の危機感も強まり、パフォーマンスの向上につながるはずだ。

 また、ここ2試合連続で3失点して連敗しているが、その多くがリスタート絡みの失点で、守備組織を崩されているわけではない。そのため自分たちのサッカーに対して自信を失うことはなく、攻撃では多くのチャンスを作れているので、むしろ自信は増している。エースの鄭大世が5試合で3得点(得点ランク2位)と好調なので、彼が当たれば点が取れる雰囲気は十分にある。

【マイナス材料】
 もっとも大きなマイナス材料は、ここ2試合でセットプレーの守備という弱点が大きく浮き彫りになったこと。当然チームとしては居残り練習なども増やして対策を図っているが、一朝一夕で劇的に改善できる課題ではないので、対戦相手は今後もその弱点を研究し、突いてくるだろう。その意味では、5人いる外国籍選手たちは高さと強さを持っているため、セットプレーでも力を発揮するだろうが、彼らの調子が上がらずポジションをつかめていないのも残念なところだ。

 攻撃では、チャンスは作れているが、決めきれていない面もある。とくに鄭の調子が出ない日に誰が決めるのかというのは、以前から継続している課題。鄭自身も「ゴールは水もの」と口にするが、エースの当たり外れしだいで結果が大きく左右されるのは不安定要素と言える。

文:totoONE編集部

●Jリーグでドローンを活用した試合撮影を実施へ…川崎対甲府でトライアル
●鹿島の小笠原、曽ヶ端はJ1通算500試合出場なるか/J1第6節、達成可能な記録
●札幌、甲府戦で負傷の深井一希は左ひざ前十字靭帯断裂…長期離脱へ
●川崎、大島僚太の負傷を発表…右ヒラメ筋肉離れで全治5週間
●【J1第6節プレビューまとめ】中村俊輔は古巣・横浜FMと対戦…5連敗中の大宮はホームに首位・神戸を迎える

サッカーキング

「柏レイソル」のニュース

BIGLOBE
トップへ