マルセロ、レアルで396試合出場…外国籍選手ではクラブ歴代2位に

4月7日(金)16時37分 サッカーキング

レアルの外国籍選手として、史上2位タイの396試合出場を記録したマルセロ [写真]=Power Sport Images/Getty Images

写真を拡大

 レアル・マドリードに所属するブラジル代表DFマルセロが、同クラブにおける外国籍選手の通算試合出場数で歴代2位タイに入った。クラブの公式HPが伝えている。

 マルセロは5日に行われたリーガ・エスパニョーラ第30節のレガネス戦で先発メンバーに名を連ね、フル出場で勝利に貢献した。クラブの公式HPによると、同選手は公式戦で396試合目の出場を記録。元アルゼンチン代表FWでクラブのレジェンドでもあるアルフレッド・ディ・ステファノ氏の記録に並び、クラブ歴代2位タイとなった。

 なお、歴代首位はマルセロとポジションも国籍も同じ“先輩”にあたる、元ブラジル代表DFのロベルト・カルロス氏。同氏は通算527試合に出場している。

 マルセロは1988年生まれの28歳。2007年1月からレアル・マドリードでプレーしている。加入10シーズン目で、過去に3度のリーガ・エスパニョーラ制覇を果たしている。

サッカーキング

「レアル」をもっと詳しく

「レアル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ