羽生結弦と衝突騒動のデニス・テンに差別的誹謗殺到

4月7日(木)7時0分 NEWSポストセブン

苦戦を強いられるのは“絶対王者”の宿命

写真を拡大

 練習中に「それはないだろ、お前!」。演技後には「よっしゃ、見たか!」「見たか、この野郎」──。シーズン最終戦の羽生結弦(21才)はいつもと違っていた。


 アメリカ・ボストンで行われたフィギュアスケートの世界選手権で銀メダルに終わった羽生。SPは自身が持つ世界最高得点に肉薄する好演技を見せたが、フリーでミスを連発。元フィギュアスケート選手で解説者の佐野稔さんが分析する。


「フリーは昨年12月のGPファイナルと同じプログラムでも優勝できたはずです。だが、羽生は330.43の世界最高得点の更新を狙い、4回転サルコウを2回入れてさらに高難度にした。体力的にも精神的にもその負担が大きかったのではないでしょうか」


 トラブルも調子を狂わせた。3月30日(日本時間31日)に行われたSP前の公式練習でのこと。使用曲を流しての練習中、カザフスタンのデニス・テン(22才)と衝突しそうになった羽生は「それはないだろ、お前!」と声を荒らげ、直後のジャンプで転倒すると激しく壁を殴打した。


 SP終了後、羽生は「あれはたぶん故意だと思う」と発言。テンは「時々近づきすぎてしまうことはある。問題があったと思わない」としながら、羽生の激高には「少し驚いた」と戸惑いを隠さなかった。前出・佐野さんが指摘する。


「それぞれが自分の演技を控えて真剣に集中力を高めているわけで、故意に人の邪魔しようとする選手なんていません。偶然です。ところが、羽生はトリプルアクセルをどうしても練習しておきたかったので、ムッとしたのでしょう」


 その日はホテルに戻っても羽生の興奮が収まらず、母親の由美さんがしきりに声をかけて何とかなだめたという。



「それだけ重圧を感じていたということです。ただ、『意図的に邪魔された』という羽生の発言には、『そこまで怒ることではないだろう』と不快感を抱いた国際スケート連盟関係者もいたようです。他の選手を尊重しない、“王者の驕り”と受けとめられれば、心証が悪くなり羽生にはマイナスになってしまう」(スポーツ紙担当記者)


 テンはカザフスタン・アルマトイ出身の韓国系カザフスタン人。羽生が金メダルを獲得した2014年ソチ五輪で銅メダルを獲得したライバルであり、母国カザフスタンでは国民的英雄だ。


 しかし、衝突騒動を受けてテンのもとには日本人からの誹謗中傷メールが殺到した。これに反発したカザフスタンのメディアは、「日本人はカザフスタン人や韓国人を見下していて人種差別的だ」と報じ、テン自身もインスタグラムで「私のメールボックスは、脅しや見知らぬ人からの嫌がらせ、人種差別的に私を非難するメールで溢れています」と明かした。


 競技終了後、羽生からテンに握手を求めて和解したというが、どこか後味の悪さが残ってしまった。


“絶対王者”と呼ばれたからこそ、今後の羽生の戦いは苦戦を強いられる。審査員の目はより一層厳しく、またテンのほかにも、今回の世界選手権で羽生を下したスペインのハビエル・フェルナンデス(24才)、宿命のライバルであるカナダのパトリック・チャン(25才)、中国の新鋭・金博洋(18才)などが続々と羽生包囲網を敷く。


 羽生を指導するブライアン・オーサー・コーチはこう話している。


「勝つという強い気持ちでここに来て、準備万端だった。それだけに立ち直るのは大変なんだ」


 来年の戦いの火ぶたは、すでに切られている。


※女性セブン2016年4月21日号

NEWSポストセブン

「デニス・テン」をもっと詳しく

「デニス・テン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ