イブラ、ユーベ時代にドーピング疑惑? 6ヶ月で筋肉量が10kg増加

4月8日(金)10時31分 フットボールチャンネル

 ズラタン・イブラヒモビッチがユベントス時代にドーピングを行なった疑いが浮上し話題となっている。7日、スウェーデン『NWT』が報じた。

 スウェーデン陸上代表や同国スキー代表の医療チームにいたウルフ・カールソン氏は、スポーツとドーピングを扱うTV番組でイブラヒモビッチが過去にドーピングを行なった疑いがあると断言した。同選手はユベントス時代に6ヶ月で筋肉量を10kg増加させたとしており、U・カールソン氏は「そんな短期間で筋肉量を10kg増加させるのは不可能だ」と疑惑の理由を語っている。

 さらにU・カールソン氏は、ユベントスには“ドーピング文化”があることが疑惑を加速させると主張している。同クラブは過去にドーピング疑惑でクラブドクターが有罪判決を受けており、1990年代に薬物を使っていたことが証明されている。

 現ハンブルガーのスウェーデン代表MFアルビン・エクダルもユベントス時代に6ヶ月で筋肉量を8kg増加させている。U・カールソン氏の疑問の目は正しいのだろうか。

フットボールチャンネル

「ドーピング」をもっと詳しく

「ドーピング」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ