スイス警察がUEFA本部を家宅捜索。FIFA新会長が“税金逃れ”に関与か

4月8日(金)7時32分 フットボールチャンネル

 スイス警察は6日、欧州サッカー連盟(UEFA)本部を家宅捜索した。7日、イギリス『ロイター』が報じている。

 国際サッカー連盟(FIFA)の新会長であるジャンニ・インファンティーノ氏は、「パナマ文書」のリストに載ったことでタックスヘイブン(租税回避地)を利用した租税回避行為を疑われている。その影響でスイス警察は進行中の刑事手続の一環としてUEFAの本部捜査を行なった。スイス検察は「現時点では特定の人物を捜査しているわけではない」と説明している。

 インファンティーノ氏はアルゼンチン人のビジネスマン2人と交わした契約がパナマ文書によって流出し、“税金逃れ”を疑われている。しかしながら、同氏は公式声明で捜査を歓迎し身の潔白を主張している。タックスヘイブンを利用した租税回避行為は、それ自体は必ずしも違法であるとは限らない。

 FIFAは昨年の汚職事件を受けて今年2月にインファンティーノ新会長が選挙で当選したばかりだった。新体制となり“クリーンなFIFA”を打ち出していただけに、頭の痛い問題を抱えることになりそうだ。

フットボールチャンネル

FIFAをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ