チェルシー、テリーの”代替”としてギリシャ代表CBに照準。日本との対戦経験も

4月8日(金)7時51分 フットボールチャンネル

 チェルシーが、ローマに所属するギリシャ代表DFコンスタンティノス・マノラスの獲得を目指しているようだ。7日に英紙『スカイスポーツ』が報じている。

 同紙によると、チェルシーはDFジョン・テリーの代替としてマノラスの獲得に動いており、ローマと会談を行ったとのこと。来季チェルシー就任が決定しているアントニオ・コンテ監督が獲得を目指すターゲットの一人となっているようだ。

 マノラスは今季公式戦38試合に出場し1得点を決めている。セリエAで3位につけるローマの守備を支えるセンターバックの選手だ。ギリシャ代表としては通算23試合の出場経験があり、2014年W杯にも出場。グループリーグで日本代表とも対戦し、日本の攻撃を無失点に抑えている。

 チェルシーは以前からテリーの代替となる選手を探しており、昨年夏にはエバートン所属のDFジョン・ストーンズ獲得に動いていた。しかし今は、マノラスの獲得を最優先に考えているのかもしれない。

フットボールチャンネル

「チェルシー」をもっと詳しく

「チェルシー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ