テリーが選ぶ今季のプレミアベスト11、うち7選手がレスターから。そこに岡崎の名は?

4月8日(金)12時2分 フットボールチャンネル

 チェルシーのキャプテンを務める元イングランド代表DFジョン・テリーが、自身が選ぶ今季のプレミアリーグベストイレブンをSNSで公開した。

 イングランドプロサッカー選手協会(PFA)は毎年そのシーズンにおけるベストイレブンを選出しており、イングランド国内でプレーする全選手が投票権を持つ。

 テリーは自身のInstagramで投票用紙を投稿し、自身のベストイレブンを公開。11人のうち、7選手が現在プレミアリーグで首位に立つレスター・シティから選ばれた。日本代表FW岡崎慎司の名前は記載されていなかった。11人は以下の通り。

GK:カスパー・シュマイケル(レスター)
右SB:クリス・スモーリング(マンチェスター・ユナイテッド)
CB:ロベルト・フート(レスター)
CB:ウェズ・モーガン(レスター)
左SB:ライアン・バートランド(サウサンプトン)
MF:リヤド・マハレズ(レスター)
MF:ダニー・ドリンクウォーター(レスター)
MF:エンゴロ・カンテ(レスター)
MF:ディミトリ・パイェ(ウェストハム)
FW:ジェイミー・ヴァーディー(レスター)
FW:ハリー・ケイン(トッテナム)

 同賞には同じクラブに所属する選手には投票できないが、11人の中にはかつてともにチェルシーでプレーしたフートとバートランドに投票している。

 なお、年間最優秀選手にはレスターのマハレズ、23歳以下の選手に贈られる最優秀若手選手賞にはトッテナムのケインを選んでいる。

フットボールチャンネル

イングランドをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ