長友、インテルとの契約延長をブログで報告「チームからの愛と評価を感じた」

4月8日(金)22時51分 フットボールチャンネル

 インテルとの契約延長を発表した日本代表DF長友佑都が自身のブログを更新し喜びを語った。

 現在29歳の長友は今年6月までの契約を3年延長した。30歳を目前にしての長期契約に「チームからの愛と評価を感じ、本当に嬉しく思ってます」と感謝している。

 今季開幕前はロベルト・マンチーニ監督の構想から外れ、有力な放出候補と見られていた。しかし、そこから地道な努力を積み重ねて今では不動のレギュラーとしての地位を確立。自らの力で信頼を取り戻した。

 長友は「多くの試練がありました」と今季の戦いを振り返る。そして「そんな状況で自分自身を奮い立たせてくれたのは、みなさんからの声援やチーム関係者のサポートです。今日の発表を迎える事が出来たのは皆さんのおかげだと思ってます」とファンや周囲へ感謝を述べた。

「これからも感謝の想いを胸に自分のプレーする姿をみなさんにお見せできれば」と意気込みを語る長友。インテルは来季のチャンピオンズリーグ出場権獲得に向けてラストスパートに入っている。

 愛するクラブとの関係がさらに深まり、モチベーションが最高潮のサムライDFはシーズンを最高の形で終えるため「インテルが欧州の舞台で、飛躍出来る様に走り抜きます!」と力強く宣言した。次節は出場停止のためプレーできないが、残り6試合でもこれまでと変わらないハツラツとしたプレーを見せてくれるだろう。

フットボールチャンネル

「延長」をもっと詳しく

「延長」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ