レスターに“新ヴァーディー”加入へ。7部から22歳FWを獲得か

4月8日(土)9時5分 フットボールチャンネル

 レスター・シティが、7部に相当するリーグからFWジョシュ・ゴードンを獲得した。英紙『ミラー』などは“ニュー・ヴァーディー”の登場かと注目している。

 現在レスターのエースであるジェイミー・ヴァーディーは、苦労人で知られている。そこからレスターで飛躍を遂げてイングランド代表に呼ばれるまでになった。

 22歳のゴードンが所属するスタッフォード・レンジャーズは、イングランド7部に相当するリーグで戦うクラブ。ヴァーディーがキャリアの初期に所属していたストックスブリッジ・パーク・スティールズも当時7部ということで、ゴードンは新たなヴァーディーと話題になっている。

 ゴードンは自身の『フェイスブック』で「イングランド王者であるレスター・シティと契約したことをようやく発表でき、うれしく思う」とつづっているそうだ。

 ストーク・シティの下部組織で8年間プレーしていたという“ニュー・ヴァーディー”は、本家のようなサクセスストーリーを描けるだろうか。

フットボールチャンネル

「レスター」をもっと詳しく

「レスター」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ