イカルディに居場所はない? 「ラウタロの方がいい」とカッサーノが分析

4月8日(月)23時1分 フットボールチャンネル

 元イタリア代表のアントニオ・カッサーノは、インテルにFWマウロ・イカルディの居場所はないと考えているようだ。イタリア『カナレ5』の番組で話した。

 クラブとの間で問題が起きて長くメンバーから外れていたイカルディは、7日のセリエAで久しぶりにホームのピッチに立った。ただ、これは一時的な和解であり、今季終了後に放出される可能性が高いと言われている。

 かつてインテルでもプレーしたカッサーノは、プレーの面でもイカルディが不要だと主張した。

 カッサーノは若手FWラウタロ・マルティネスの名前を引き合いに出し、「彼の方が優れている」と明言。「インテルは4-2-3-1を使っている。つまりFWは1人だ。イカルディはラウタロとプレーできない。(監督のルチアーノ・)スパレッティは、チームとしてプレーするアタッカーを好むだろうからね」と分析している。

 さらにカッサーノは、イカルディが「(フィリッポ・)インザーギのタイプだ。ゴールを決めなければ、ほかに何もしない」と評価。「スパレッティはそういうタイプよりも、そのほかのプレーでもチームに貢献するタイプを好む。例えば? (エディン・)ゼコ、(カリム・)ベンゼマ、(ロベルト・)レバンドフスキといった選手だね」と語り、ラウタロがファーストチョイスになると予想した。

フットボールチャンネル

「カッサーノ」をもっと詳しく

「カッサーノ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ