広島が阪神に逆転サヨナラ負け ドラ2横山好投も3連勝ならず

4月8日(金)21時38分 フルカウント

9回に2失点

 広島が8日の阪神戦(甲子園)で2−3で屈辱のサヨナラ負けを喫した。

 初回に丸の先制適時二塁打とルナの適時打で2得点。一方、先発のドラフト2位・横山も7回を江越のソロによる1点のみに抑えていたが、救援陣が崩れた。

 1点差の9回。守護神・中崎は福留、ゴメスの連打で1死一、二塁のピンチを招くと、鳥谷の内野安打と守備の乱れで1点を奪われ同点に。さらに、西岡に右前へのサヨナラ右前適時打を許した。

 チームは5、6日のヤクルト戦(マツダスタジアム)で2連勝して敵地・甲子園に乗り込んだが、逆転サヨナラ負け。かつてチームメートだった阪神・金本監督にサヨナラ勝ちを許した緒方監督は唇をかみしめ、ベンチ裏へ消えた。

フルカウント

サヨナラをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ