【米国はこう見ている】カブス主力負傷で痛手も…川崎にメジャー昇格の可能性、米メディア報じる

4月8日(金)23時20分 フルカウント

シュワーバーが負傷、精密検査へ

 カブスのカイル・シュワーバー外野手が7日(日本時間8日)のダイヤモンドバックス戦で負傷交代し、精密検査を受ける見通しとなった。これを受け、現在3Aアイオワでプレーする川崎宗則内野手が代役としてメジャー昇格を果たす可能性が浮上している。ESPNが報じている。

 衝撃的なシーンだった。14-6で大勝した一戦でアクシデントは起こった。2回2死の場面でジーン・セグラの左中間方向に飛んだライナーを、レフトのシュワーバーとセンターのデクスター・ファウラーが猛ダッシュで追いかける。落下点に滑り込んだ2人は交錯。シュワーバーは地面を叩きながら痛みに悶絶した。

 記事によると、カートでクラブハウスに運ばれた若手有望株は「これで落胆したりしない。思い切りプレーした結果、怪我をしたことで気分を害したりしない。適当にプレーして怪我をしないよりは真剣なプレーで怪我をしたほうがいい」とコメント。レントゲン検査で骨に異常なしと診断されたが、左足首と膝の負傷で8日に精密検査を受ける見通しだという。また、右膝の捻挫は確認されており、離脱は不可避と見られている。

「カワサキに昇格のドアが開く可能性」?

 昨季メジャーデビューした強打者は69試合出場で打率.246、16本塁打、43打点をマーク。捕手と外野手をこなす23歳が離脱した場合、レフトのレギュラーにはホルヘ・ソレル外野手が最有力とレポートされている。また、ジョー・マドン監督は「トミー・ラステラもインパクトを残せる。攻撃面でも守備面でも違う方策もある。クリス・ブライアントが外野にシフトすることもある」と語ったという。

 さらにシュワーバーが故障者リスト(DL)入りした場合、川崎がロースター入りする可能性も報じられている。DLから復帰間近と見られていたハビアー・バエズ内野手も昇格候補だが、痛めている患部に死球を受けたことで復帰が遅れているという。記事ではラステラやブライアントという内野手を外野にシフトすることで、内野の枠に空きができる可能性に言及し、「ムネノリ・カワサキを3Aアイオワから昇格させるためのドアが開く可能性がある」とレポート。「カワサキよりもスプリングトレーニングで活躍した選手でマイナーに送られた選手はいない」とも伝えている。

 オープン戦でチーム最高打率を記録しながら一時契約解除となり、マイナー契約を結び直した川崎。マドン監督も「シカゴで人気者になる」と予言したムードメーカーはこのタイミングでメジャー昇格をつかめるか。

フルカウント

負傷をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ