ロッテ清田、“神の手タッチ”で生還 ビデオ判定でアウト→セーフに

4月8日(金)19時10分 フルカウント

初回に先制点もたらす

 ロッテの清田育宏外野手が8日、決死の“神の手タッチ”で先制点をもたらした。

 西武戦(QVCマリン)で「3番・右翼」でスタメン出場。四球で出塁すると、続くデスパイネの左越え二塁打で一気に本塁へ突入した。低い姿勢で捕手・炭谷のタッチをかいくぐり、左手で本塁をタッチ。最初はアウトの判定されたが、清田はセーフと猛アピール。ビデオ判定に持ち込んだ。

 約5分後。西武ナインは1度ベンチへ引き下がっていたが、再びグラウンドに戻され、打者・デスパイネも二塁へ。本田審判から「セーフとします」と場内へ説明されると、右翼席のロッテファンは大歓声。清田も笑顔でベンチ前でのハイタッチをやり直していた。

フルカウント

ビデオ判定をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ