「間違いなく良くなっている」— 5球団競合のソフトBドラ1田中正義の今

4月8日(土)8時20分 フルカウント

今も続くノースロー調整、「焦りとかはない」

 あの時の注目度が、幻かのようだ。鳴り物入りでプロの世界に身を投じたドラフト1位右腕。ソフトバンクの田中正義投手は今、福岡・筑後市にあるファーム施設「HAWKS ベースボールパーク筑後」で、日々汗を流している。

 2016年のドラフト会議で5球団競合の末に、ソフトバンクに入団した田中には即戦力として大きな期待がかけられていた。春の宮崎キャンプ。ドラフト1位の宿命ではあるが、一挙手一投足がメディアの注目を集め、初ブルペン、初の打撃投手登板、実戦初登板と節目節目で大々的に取り扱われてきた。

 あれから2か月。田中がメディアを賑わすことは、一気に減った。キャンプでは主力組のA組に抜擢されたが、様々な課題が出て、3月初旬には右肩違和感のため、リハビリ組へと加わることになった。今もノースロー調整が続く。ファーム施設で黙々とトレーニングを続け、右肩の状態が上がってくるのを伺っている段階だ。

 オープン戦での登板も出来ず、開幕ローテ入りもならなかった最速154キロ右腕。「良くなってきているのは確実です。間違いなく良くなっている。ここまで来たら、納得いくまで、焦らずに良くしようと思っています。中途半端にやるのではなく」。

 現時点での状態を聞くと、こう返ってきた。右肩は良化の兆しを見せており、近くキャッチボールを再開する予定だという。

ロッテ佐々木が初勝利も「他人と比較してもしょうがない」

 ドラフト1位。大きな期待を一身に背負ってきた右腕にとって、現状はもどかしいはすだし、焦りがあってもおかしくはない。同期入団の他球団のルーキーたちが一足早く1軍の舞台に立ち、6日には、ドラフトで人気を二分したロッテの佐々木千隼投手が、昨季日本一の日本ハムからプロ初先発初勝利を挙げた。

 それでも、田中は「焦りとかはない」と言う。

「(佐々木は)気になるというか、同級生なので『おめでとう』という感じです。他人と比較してもしょうがない。自分は自分というか、自分の最善の道を探っていくしかない。それと人の結果は全く別なので」

 冷静に己を見つめ、現状を客観的に捉えている。

 誰もが、田中正義が剛腕を振るう日を待っている。その日のためには、田中自身が言うように、焦らず、納得いくまで、状態を回復させることが最優先だ。しばらくは続くであろう苦しい日々。その先に、本来の輝きを取り戻す瞬間がある。

福谷佑介●文 text by Yusuke Fukutani

フルカウント

「田中正義」をもっと詳しく

「田中正義」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ