【予想スタメン】首位陥落も、大久保と小林が戦列復帰の川崎…得意のホームに鳥栖を迎える

4月8日(金)20時5分 サッカーキング

川崎の2トップを務める大久保嘉人(左)、小林悠(右) [写真]=Getty Images

写真を拡大

■川崎フロンターレ 負傷者続出も、ナビスコ杯では5発大勝

 今週だけでも森本貴幸、井川祐輔、小宮山尊信とまたも負傷者が続出。チームは相変わらずけが人が多く、厳しい台所事情である。

 それだけに、ミッドウィークのナビスコ杯新潟戦で大勝したのは朗報だ。「みんなギラギラしてたし、自分が一番目立ってやろうと思っていた。これがチームの底上げにつながればいいですね」と笑顔で振り返ったのは、2得点を挙げた狩野健太。公式戦4試合ぶりとなった白星の勢いを継続し、リーグ戦で再び首位奪取といきたいところである。

 この試合の注目は中盤の顔ぶれだろう。大島僚太が今節も欠場濃厚のため、ボランチの中村憲剛のパートナーが誰になるかは気になるところだ。選択肢としては、リーグ戦第5節の鹿島戦で機能した森谷賢太郎、後半から組んだエドゥアルド・ネット、そしてナビスコ杯で移籍後初出場した原川力という三択になるはず。あるいは原川とエドゥアルド・ネットのユニットでトップ下に中村という配置や、ネットをアンカーに据えてインサイドハーフに中村と森谷という組み合わせなど、様々なバリエーションが考えられる。いずれにせよ、中盤の顔ぶれは楽しみである。

 左足を痛めていた大久保嘉人の回復具合も順調だ。今節の鳥栖戦には出場の意欲を見せている。鹿島戦は後半途中からの出場だったが、やはり小林悠との2トップは、鳥栖守備陣に対する圧力も抜群だろう。復活したストライカーに期待したい。

 無敗ながら、チームは首位を陥落した。ホームでしっかりと勝って首位返り咲きといきたい。(いしかわごう)
 
■川崎予想スタメン
4-4-2
GK
チョン・ソンリョン
DF
武岡優斗
奈良竜樹
エドゥアルド
谷口彰悟
MF
エウシーニョ
森谷賢太郎
中村憲剛
田坂祐介
FW
小林悠
大久保嘉人

■サガン鳥栖 開幕戦以来白星なし、守備面の課題多数

 リーグ開幕戦で勝利して以来、勝ち星から見放されている鳥栖。だが、内容は決して悲観するようなものではない。

 マッシモ・フィッカデンティ監督が意図するボール保持率を高めて試合の主導権を握るということはできている。ビルドアップは試合を重ねるごとに成長し、そこから決定機も作っている。しかし、1点は取れるのだが、2点目が奪えない。ここまで、複数得点は開幕戦の福岡戦でマークしただけ。今季は1−0で守り切るのではなく、2点目、3点目を奪いにいくサッカーをする中で、2点目を挙げられずに追いつかれるケースが最近の公式戦2試合で続いている。

 後半の試合運びや攻撃時のリスク感など課題はあるが、チームはしっかりと前を向いて進んでいる。開幕から無失点試合のない守備に課題を残しているが、攻撃の調子は上向きと言っていい。ナビスコ杯第3節の仙台戦では、鎌田大地のアシストからペク・ソンドンが今季初ゴールをマークし、好調をアピール。ペク・ソンドンはこのゴールを「狙いどおりだった」と満足そうに振り返った。対川崎戦は通算で7勝2分20敗。しかもアウェイゲームは3勝11敗と苦手にしている。リーグ最多得点を挙げている強力な攻撃陣を擁し、リーグ唯一の無敗で2位に位置する川崎に対して、今季から取り組んでいる新たな鳥栖のサッカーをどこまで体現できるか。鳥栖にとっては、今季を占う試金石となる試合でもある。(荒木英喜)

■鳥栖予想スタメン
4-4-2
GK
林彰洋
DF
藤田優人
菊地直哉
谷口博之
三丸拡
MF
キム・ミヌ
高橋義希
チェ・ソングン
ペク・ソンドン
FW
豊田陽平
富山貴光

サッカーキング

負傷をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ