【予想スタメン】攻撃陣が好調の神戸、前節“解禁”した藤田のロングスローにも注目

4月8日(金)20時30分 サッカーキング

神戸は公式戦4連勝中と好調 [写真]=Getty Images

写真を拡大

■ヴィッセル神戸 迫力抜群の外国人2トップが決定力の高さを見せつけるか

 ナビスコ杯を含めて公式戦4連勝中。FWからDFの間をコンパクトに保ち、安定した守備からのショートカウンターで勝ち点を積み重ねて5位に浮上するなど、波に乗っている。最下位福岡と相見える今節、神戸がやや有利と言える。

 ただし、福岡の指揮官は柏レイソル時代にネルシーニョイズムを間近に見てきた井原正巳監督。神戸がどのような戦いをしてくるか、手の内をある程度は知られている。システムも含め、お互いにどんな策を講じてくるかは一つのポイントになりそうだ。特に神戸はセットプレーの守備に少し不安を残しているだけに、福岡が高さのあるウェリントンをどう生かすかといった駆け引きは見どころになる。

 また、リーグ戦第5節の湘南ベルマーレ戦で放った神戸のシュート数が、6本と少ないのは気になる点。逆に言えば、6本で2得点と効率が良く、決定力が高いと言えるが、前節のガンバ大阪戦では13本のシュートを放つことで主導権を握ったとも言える。そのあたりも一つの駆け引きになりそうだ。

 とはいえ、コンディション面の影響もあって封印してきた藤田直之のロングスローも湘南戦で復活。今季開幕前に藤田は「神戸では(ロングスローを)レアンドロに当てて、こぼれ球をみんなで狙うイメージかな」と話していた。ペドロ・ジュニオールがゴール前で粘り強いプレーも見せている今だけに、レアンドロがヘディングで競り勝てば何かが起きそうな予感が漂っている。(totoONE編集部)
 
■神戸予想スタメン
4-4-2
GK
キム・スンギュ
DF
高橋峻希
岩波拓也
伊野波雅彦
相馬崇人
MF
小川慶治朗
三原雅俊
藤田直之
渡邉千真
FW
ペドロ・ジュニオール
レアンドロ


■アビスパ福岡 守備では相手のロングスローに要警戒、攻撃面は得点力不足が続く

 リーグ戦未勝利の福岡だが、「一つ勝てば、ガラッと景色が変わる」と、井原正巳監督はポジティブだ。ポジティブになっている理由の一つが、未勝利ながら、守備の組織力という点で手応えを感じているからだろう。

 リーグ戦第5節のアルビレックス新潟戦は0−1で敗れたが、失点は相手のロングスローによるもので、「オーガナイズした時(の守備)は崩されていなかった」とキャプテンの城後寿も自信を口にした。フォーメーションは相手に合わせて3バックと4バックを併用しているが、どちらを敷いても、誰が出ても、全体の意思統一がなされている点は福岡の強み。しかし、前節もリスタートのマークミスにより失点を喫したが、失点につながるミスが目立つ点は課題。特に今節、神戸のブラジル人2トップに対して、ミスは許されないだろう。

 一方、攻撃ではリーグ戦5試合で4得点と調子が上がらない。そのうち3得点はセットプレーからの得点で、流れの中から得点が奪えないところは改善点。FWウェリントンが空中戦で強さを発揮しているものの、ハイボールだけでなく、グラウンダーのパスやクロスを増やし、単調にならない工夫が必要だ。また、新潟戦ではCKが1本も取れず無得点に終わったが、得意のセットプレーを生かすために、深いエリアまで侵入できるかといった点もポイントになる。ボランチのダニルソンが復調したことは好材料で、彼のキープ力を生かして攻撃のバリエーションを増やしたい。(新甫條利子)

■福岡予想スタメン
3-4-3
GK
イ・ボムヨン
DF
キム・ヒョヌン
堤俊輔
田村友
MF
中村北斗
末吉隼也
ダニルソン
亀川諒史
FW
城後寿
ウェリントン
金森健志

サッカーキング

神戸をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ