CL準々決勝第1戦、ベスト11にスアレスら…レアル撃破ヴォルフスから4名

4月8日(金)17時2分 サッカーキング

2ゴールを挙げたスアレス(左)、レアルを破ったヴォルフスブルク [写真]=Getty Images

写真を拡大

 5日と6日に行われたチャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグの結果を受け、『UEFA.com』がベストイレブンを発表した。

 準々決勝ファーストレグでは、バルセロナがウルグアイ代表FWルイス・スアレスの2ゴールで逆転し、アトレティコ・マドリードとのスペイン勢対決を2−1で制した。また、バイエルンはホームにベンフィカを迎え、チリ代表MFアルトゥーロ・ビダルの決勝点で1−0で勝利。また、ヴォルフスブルクはレアル・マドリードに2−0と快勝、パリ・サンジェルマンとマンチェスター・Cは2−2の引き分けに終わった。

 クラブ別では、レアル・マドリードを破る“金星”を挙げたヴォルフスブルクから最多4選手が選出。敗れたクラブからは、アトレティコ・マドリードのU−19フランス代表DFリュカ・エルナンデスが唯一選ばれた。

 なお、セカンドレグは12日と13日に行われる。

■『UEFA.com』選出のベストイレブンは以下のとおり。

▼GK
ディエゴ・ベナリオ(ヴォルフスブルク)

▼DF
リュカ・エルナンデス(アトレティコ・マドリード)
ダンテ(ヴォルフスブルク)
リカルド・ロドリゲス(ヴォルフスブルク)
フアン・ベルナト(バイエルン)

▼MF
フェルナンジーニョ(マンチェスター・C)
アルトゥーロ・ビダル(バイエルン)
ティアゴ・モッタ(パリ・サンジェルマン)

▼FW
ルイス・スアレス(バルセロナ)
ケヴィン・デ・ブライネ(マンチェスター・C)
マクシミリアン・アルノルト(ヴォルフスブルク)

サッカーキング

決勝をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ