川崎のDF奈良竜樹、移籍後初ゴールも反省の弁「僕のミスから失点」

4月8日(土)18時31分 サッカーキング

奈良(中央)は得点後、サポーターに「声援で逆転を後押ししてほしい」と煽るジェスチャーを見せた [写真]=Getty Images for DAZN

写真を拡大

 自分のミスは、自分で取り返す。DF奈良竜樹が執念の同点ゴールを決めた。

 8日に行われた2017明治安田生命J1リーグ第6節で、川崎フロンターレはヴァンフォーレ甲府と対戦。1−1で引き分けた。

 試合が動いたのはアディショナルタイムだった。奈良の「あそこでオフサイドトラップをかけてしまったのは、致命的なミスだった」という判断から生じた一瞬の隙を突かれてしまう。FWドゥドゥの絶妙なスルーパスに抜け出したFW河本明人は奈良を置き去りにし、最後はGKとの一対一を冷静に制した。

「僕のミスから失点したので、取り返すのは当然のこと」

 その2分後、右CKからのクロスを奈良がヘディングで押し込んだ。奈良にとって移籍後初ゴールとなったが、その表情はさえない。「僕はDFの選手なので、点を取ることよりも失点しないことにこだわっている」と勝ち点2を取りこぼすきっかけを作ったことをしきりに反省した。

「この得点で勝っていればハッピーでしたけれど、僕のミスからの失点。なぜ失点したのか、僕のプレーの判断はどうだったのか。そういう部分にフォーカスしなければいけない」

 さらに「逆転するチャンスはあった」と続ける。「負けそうになってからエンジンがかかるようでは上にはいけないと思う。もっと自分たちから試合を動かしていかなければいけなかった」と厳しい表情で試合を振り返った。

 12日のACLチャンピオンズリーグ グループステージ第4節・広州恒大戦後には、古巣・コンサドーレ札幌との対決も控えている。「プロキャリアをスタートさせたチームなので、感謝の気持ちはもちろんあります。そういう意味でも、しっかりと自分の成長した姿を見せたいです。DFとしてゼロで抑えて、しっかりと勝利したい」。そう言って気を引き締めた。

サッカーキング

「ミス」をもっと詳しく

「ミス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ