小野の移籍後初得点などで鳥栖が3発完封…新潟は2連敗で未勝利続く

4月8日(土)16時54分 サッカーキング

PKを決めた鳥栖の豊田 [写真]=Getty Images

写真を拡大

 2017明治安田生命J1リーグ第6節が8日に行われ、サガン鳥栖とアルビレックス新潟が対戦した。

 27分、鎌田大地のパスを受けたビクトル・イバルボが富澤清太郎に倒され、鳥栖がPKを獲得する。このPKを豊田陽平が落ち着いて決め、鳥栖が先制に成功する。

 後半に入り71分、セットプレーのチャンスを得ると、GK大谷幸輝が弾いたボールを拾った小野裕二のシュートが決まり、鳥栖がリードを2点に広げる。小野は鳥栖移籍後初得点となった。さらに87分には抜け出した途中出場の田川亨介がプロ初得点をマークする。

 試合は3−0で終了。鳥栖は3試合ぶりの白星。敗れた新潟は2連敗となり、開幕からいまだ未勝利が続いている。

 次節、鳥栖はアウェイでジュビロ磐田と、新潟はアウェイでヴァンフォーレ甲府と対戦する。

【スコア】
サガン鳥栖 3−0 アルビレックス新潟

【得点者】
1−0 27分 豊田陽平(鳥栖)
2−0 71分 小野裕二(鳥栖)
3−0 87分 田川亨介(鳥栖)

サッカーキング

「移籍」をもっと詳しく

「移籍」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ