名古屋が4連勝達成…玉田の先制FK弾と杉本の劇的ゴールで讃岐下す

4月8日(土)15時55分 サッカーキング

J2第7節で名古屋グランパスとカマタマーレ讃岐が対戦した [写真]=JL/Getty Images for DAZN

写真を拡大

 2017明治安田生命J2リーグ第7節が8日に行われ、名古屋グランパスとカマタマーレ讃岐が対戦した。

 前半は讃岐が攻勢に出ると、32分には右サイドからのクロスに西弘則が頭で合わせてゴールネットを揺らしたが、惜しくもオフサイドの判定で得点とはならなかった。

 試合が動いたのは58分。エリア手前中央でFKを得た名古屋は、玉田圭司が左足で直接狙うと、GKの手を弾いたボールがゴール右隅に決まった。だが、名古屋はこのリードを守り切ることができない。69分、カウンターからエリア内左に抜け出した渡邉大剛がグラウンダーで折り返すと、ファーサイドの西が押し込んで讃岐が同点に追いついた。

 その後は得点が生まれないまま試合が進んだが、終了間際に名古屋が勝ち越す。88分、左サイドでボールを持った杉本竜士がカットインから右足で狙うと、このシュートがゴール右上に吸い込まれた。

 この得点が決勝ゴールとなり、試合は2−1で終了。名古屋が4連勝を飾った。

 次節、名古屋は15日にアウェイで徳島ヴォルティスと、讃岐は16日にホームでファジアーノ岡山と対戦する。

【スコア】
名古屋グランパス 2−1 カマタマーレ讃岐

【得点者】
1−0 58分 玉田圭司(名古屋)
1−1 69分 西弘則(讃岐)
2−1 88分 杉本竜士(名古屋)

サッカーキング

名古屋をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ