後半アディショナルタイムに甲府が先制も…川崎が奈良弾で執念のドロー

4月8日(土)15時59分 サッカーキング

J1第6節で川崎と甲府が対戦した [写真]=JL/Getty Images for DAZN

写真を拡大

 2017明治安田生命J1リーグ第6節が8日に行われ、川崎フロンターレとヴァンフォーレ甲府が対戦した。

 試合は終了間際に動く。押し込まれていた甲府が、後半アディショナルタイム1分にカウンターから最後は河本明人が冷静に決めて先制に成功する。リードを許した川崎は、後半アディショナルタイム3分に右CKを奈良竜樹が決めて同点に。その後、川崎、甲府ともに勝ち越しゴールを目指したがスコアは変わらず。1−1の引き分けに終わった。なお、負傷者が続出している川崎だが、72分にGKチョン・ソンリョンが相手FWとの接触プレーで目の上を負傷。新井章太との交代を余儀なくされている。

 次節、16日に川崎はアウェイで北海道コンサドーレ札幌と、甲府はホームでアルビレックス新潟と対戦する。

【スコア】
川崎フロンターレ 1−1 ヴァンフォーレ甲府

【得点者】
0−1 90+1分 河本明人(ヴァンフォーレ甲府)
1−1 90+3分 奈良竜樹(川崎フロンターレ)

サッカーキング

川崎をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ