サネッティ副会長、モラッティ氏復帰説を一蹴。「戻る必要がない。だって彼は…」

4月9日(木)23時51分 フットボールチャンネル

 インテルのハビエル・サネッティ副会長はエリック・トヒル会長とプロジェクトを進めていくことに自信を持っている。イタリアメディア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が同氏のコメントを伝えた。

 トヒル会長がインテルのオーナーとなってから、未だインテルは低迷を抜け出すことができていない。先日には前会長のマッシモ・モラッティ氏の復帰も騒がれたが、同氏は復帰を否定している。

 サネッティ副会長は「我々はトヒルとともに進んでいるよ」と、会長を信頼していることを強調した。

「たしかに難しい問題を対処している途中だけれど、プロジェクトを中断してはいけないんだ。この計画はインテルをより高いレベルに押し上げてくれる」

 一方で、モラッティ氏の復帰については「その必要はないね」と一蹴した。

「なぜなら、彼は既にインテル・ファミリーの一員だからね。我々はみんな、インテルがいるべき場所へ戻ることを望んでいるよ。そして、そのためにこの道を続けるんだ」

 現在、セリエAで10位と苦しむインテル。次節はアウェイでエラス・ヴェローナと対戦する。

フットボールチャンネル

インテルをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ