ヘルタ監督「原口は相手にとって嫌な選手」。負傷中の細貝は次節も欠場か?

4月9日(木)13時0分 フットボールチャンネル

 FW原口元気とMF細貝萌の所属するヘルタ・ベルリンは現地時間10日、ブンデスリーガ第28節でMF清武弘嗣とDF酒井宏樹の所属するハノーファーとアウェイで対戦する。

 同試合を前に公式記者会見を行ったヘルタのバル・ダルダイ監督は細貝、原口について言及している。

 ダルダイ監督就任以来、2試合途中起用、1試合ベンチに入りしたのみで、22節を最後にベンチから外れている細貝。ダルダイ監督は「最近調子を取り戻してきた」と、復調の兆しを見せていることを明かした。

 しかし、前節から足の負傷によりメンバーから外れ、同監督も「現在は負傷中。医者にその状態を聞く必要がある」とコメントし、欠場の可能性を示唆している。

 一方ブンデス初ゴール以来、信頼を掴み取り、前節は先発フル出場を果たした原口について「良いステップを踏んでいる」と、成長を実感している様子。

 前節は得点こそなかったものの「相手にとっては速くて嫌な選手だろう」と、評価した。

 リーグ5戦負けなしで、順位を押し上げ残留争いから抜け出しつつあるヘルタ。対するハノーファーも残留争いを演じており、ここで勝利し、差を広げたいところだ。

フットボールチャンネル

負傷をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ