「母さんの長年の努力に感謝」。英2部の若手選手が『イースター』に素敵なサプライズ

4月9日(木)15時0分 フットボールチャンネル

 イングランド2部リーグのイプスウィッチ・タウンに所属する22歳のイングランド人DFタイロン・ミングズが7日、自身のインスタグラムで『イースター=キリスト教復活祭』に際し、母親の借金をサプライズで全額返済したことを明らかにした。翌日の英メディア『BBC』などが報じた。

 ミングズはサウサンプトンのアカデミーで育ち、過去数シーズンにはアーセナルやリバプールから打診を受けている左サイドバックの有望株。ミングズはインスタグラムに母親との会話を掲載し、母親から借金を全額返済したことを感謝されると、「母さんはすべてのお金に値する。むしろ母さんの長年の努力に感謝する。今後も恩返しをしていく」と述べた。

 ミングズの人間味溢れる行動はこれが初めてではない。

 2013年3月には資金不足のためチケットを買えないことをツイッターで嘆いていたファンにホームゲーム2試合分のチケットを無償で提供し、同年のクリスマスにはイプスウィッチの路上生活者らに食べ物を供給。さらに昨年7月には、購入したシャツにミングズの前シーズンの背番号を誤って入れてしまったイプスウィッチ・タウンのファンに新たなシャツを無料で支給したことが報じられた。

フットボールチャンネル

イースターをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ