日本との対戦を「選手たちの夢」と語るブータン。「お金も手に入る」と冗談も

4月9日(木)21時0分 フットボールチャンネル

 日本人の築舘範男監督が率いるブータン代表は、ワールドカップ・アジア予選で日本代表と対戦できることを熱望している。8日、イギリス『ロイター』が報じた。

 大の親日国で知られるブータン。ブータンサッカー連盟のプンツォ・ワンディ氏は、来週行なわれるワールドカップ・アジア2次予選の抽選会を前に次のように語っている。

「ブータンの人々は日本代表と戦うことを望んでいます。多くの若者は日本代表FW香川真司のファンですからね」

「選手にとっても日本がファースト・チョイスであることは同じでしょう。彼らにとっては夢が叶うようなものです。日本代表はヒーローなのですから。私たちはサムライブルーを観て育ってきました」

 一方で、日本と戦う理由は憧れだけが全てではない。ワンディ氏は強豪との戦いがブータンにとって、大きな実益ももたらすと明かしている。

「もしオーストラリアや韓国、そして日本と対戦することができれば、我々はテレビ放送からいくらか収益を得ることができるでしょう」

 そう語ると、同氏は「日本がくれば、それはそれはたくさんのお金を貰えますよ」と笑ってみせた。

 近年、驚異的なスピードでサッカー人気が高まっているブータン。ワンディ氏らの功績によって、100人足らずだった地域リーグのファンは今や6000人を超えるまでに増加している。日本との対戦を引き当てることで、成長を加速させることはできるのだろうか。

フットボールチャンネル

「ブータン」をもっと詳しく

「ブータン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ