アーセナル、痛いドローで優勝戦線から脱落。キャロルがハットトリックで大奮闘

4月9日(土)22時45分 フットボールチャンネル

【ウェストハム 3-3 アーセナル プレミアリーグ第33節】

 プレミアリーグ第33節が現地時間9日に行われ、アーセナルは敵地でウェストハムと対戦した。

 チェフを欠くアーセナルはオスピナがゴールを守る。また前線にはサンチェス、ウェルベック、イウォビと好調の3人が入った。

 先制はアウェイのアーセナル。18分、サンチェスからの縦パスを受けたイウォビがラストパスを送り、最後はエジルが流し込んで先手を取った。さらに35分には1点目をアシストしたイウォビが絶妙な浮き球パスでサンチェスのゴールを演出し早くも2点差をつける。

 それでもウェストハムは諦めない。44分、左サイドのクレスウェルが蹴ったクロスをキャロルが打点の高いヘディングで叩いて1点を返すと、前半アディショナルタイムに再びキャロルがアクロバティックな一発を見せて同点に追いついて45分間を終えた。

 後半、波に乗り切れないアーセナルを尻目にまたもキャロルが火を噴く。52分、ウェストハムは選手交代の影響で右SBにポジションを写していたアントニオがサイドを駆け上がってクロスを上げる。するとファーサイドで待っていたキャロルが空中戦を圧倒的な強さで制しハットトリックを達成した。

 この失点で守備陣がバタつくアーセナルはウェストハムに押し込まれる時間が続く。それでもセットプレーをきっかけに同点ゴールを奪った。70分、コーナーキックの流れでペナルティエリア内に残っていたコシエルニーが味方が丁寧につないだボールを押し込んだ。

 その後は両者一歩も譲らず3-3のドローに終わった。0-2から一時は逆転したウェストハムの底力とキャロルの爆発力が際立つ試合となった。アーセナルは首位レスターとの勝ち点差を10ポイントまでしか詰められず優勝は非常に困難になってしまった。

【得点者】
18分 0-1 エジル(アーセナル)
35分 0-2 サンチェス(アーセナル)
44分 1-2 キャロル(ウェストハム)
45+2分 2-2 キャロル(ウェストハム)
52分 3-2 キャロル(ウェストハム)
70分 3-3 コシエルニー(アーセナル)

フットボールチャンネル

「アーセナル」をもっと詳しく

「アーセナル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ