注目の“クロップ師弟対決”はドルト失望の結果に。唯一の称賛は“35歳の大黒柱”へ

4月9日(土)11時32分 フットボールチャンネル

 現地時間7日に行われたボルシア・ドルトムントとリバプールの“ユルゲン・クロップ監督師弟対決”は、リバプールに軍配が上がった。ホームで1-1とドルトムントにとっては失望の結果となっている。

 ドイツ紙『レヴィーア シュポルト』は7日、「逞しいヴァイデンフェラー、精彩を欠いたオーバメヤン」の見出しをつけ、チームに奮起を促している。また「ドルトムントのほとんど選手に失望した」と手厳しい評価を下している。

 唯一称賛を浴びた選手となったのが、35歳のGKロマン・ヴァイデンフェラーだ。この日5つの重要なセービングをみせ、リバプールに追加点を奪わせなかった。

 ヴァイデンフェラーは2002年にドルトムントに加入し14年目のシーズンとなる。今季はブンデスリーガではGKロマン・ビュルキに守護神の座を渡しカップ戦要因となっているが、次戦でも好パフォーマンスに期待が集まりそうだ。

フットボールチャンネル

「ドルトムント」をもっと詳しく

「ドルトムント」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ