ブッフォン、セリエA出場数が歴代単独2位に。インテルのレジェンドを上回る

4月9日(日)20時41分 フットボールチャンネル

 ユベントスのイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンは、現地時間8日に行われたセリエA第31節のキエーボ戦に出場したことで、リーグでの通算出場数が歴代単独2位となった。

 ブッフォンは前節のナポリ戦に出場したことで通算615試合出場となり、元インテル主将であり現副会長のハビエル・サネッティ氏が持つ歴代2位の記録に並んでいた。キエーボ戦に出場したことで単独2位の616試合となった。

 歴代1位の記録を保持しているのは、ミランで活躍した元DFのパオロ・マルディーニ氏。通算647試合に出場しており、ブッフォンとは31試合差だ。ブッフォンが順調に出場を続けたとすれば、来シーズン中にこの記録を塗り替えられる可能性がある。

 キエーボとの試合はFWゴンサロ・イグアインが2ゴールを奪い、ユーベが2-0で勝利を収めた。ホームでの連勝記録を32試合に伸ばし、前人未到のリーグ6連覇に向けて順調に勝ち点を重ねている。

フットボールチャンネル

「セリエA」をもっと詳しく

「セリエA」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ