柴崎は途中出場。テネリフェ先制もラージョに追いつかれ1-1ドロー

4月9日(日)5時32分 フットボールチャンネル

 現地時間8日にセグンダ・ディビシオン第33節の試合が行われ、テネリフェはラージョ・バジェカーノと対戦。アマト・エンディアエのゴールで先制するも同点に追いつかれ、テネリフェとラージョは1-1の引き分けに終わっている。

 テネリフェに所属する柴崎岳はベンチスタートとなった。試合開始して3分、細かいパス回しからラージョの守備を崩し右サイドから走りこんできたエンディアエが先制点を決めた。しかし23分、ラージョのアドリ・エンバルバにゴールを許し同点に追いつかれてしまう。

 柴崎は82分にアーロン・ニゲウスとの交代で途中出場。それでも結局、勝ち越し点を奪うことはできずテネリフェはラージョと1-1の引き分けに終わっている。

フットボールチャンネル

テネリフェをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ