バルサがシャビとD・アウヴェスを残留説得…今週にも会長が契約延長交渉へ

4月9日(木)7時0分 サッカーキング

シャビ(右)とD・アウヴェス(左)は今シーズン限りでバルサ退団がうわさされる [写真]=Getty Images

写真を拡大

 元スペイン代表MFシャビと元ブラジル代表DFダニエウ・アウヴェスのシーズン後の去就が不透明となっているバルセロナ。スペインのメディアによると、両選手を残留の方向で説得すべく、今週にもジョゼップ・マリア・バルトメウ会長が契約延長交渉に乗り出すとのことだ。

 今シーズン末でバルセロナとの契約を満了するため、昨年夏にも退団の噂が流れた両選手。シャビはアル・サッドと移籍合意に達したとも報じられ、ダニエウ・アウヴェスはパリ・サンジェルマンへの移籍が濃厚と伝えられている。だがバルセロナは、FIFA(国際フットボール連盟)から今年夏の移籍市場まで活動禁止処分を受けたことで来シーズンに向けた補強が事実上不可能となっているため、どちらの選手にも退団されては困る状況にある。

 今シーズン、MFイヴァン・ラキティッチやMFラフィーニャの加入によりレギュラーの座を失ったシャビだが、チームに落ち着きを与える貴重なベテランとして存在感を示している。一方、開幕前はレギュラー落ちの危機が囁かれたダニエウ・アウヴェスだが、DFマルティン・モントヤとDFドウグラスが期待通りの活躍を見せられずにいることで、むしろチームに必要不可欠な存在となっている。その重要性を再認識したバルセロナにとって、両選手との契約延長は来シーズンのチーム構想を大きく左右するだけに、ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長による直接交渉が奏功するか否か注目が集まる。

サッカーキング

契約をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ