鳥栖DFキムが鹿島訪問し、直接謝罪…顔面踏まれた金崎「肩を組んで笑って撮ろう」

4月9日(木)20時33分 サッカーキング

鳥栖DFキム・ミンヒョク(左)と鹿島MF金崎(右) [写真]=Getty Images

写真を拡大

 3日に行われた明治安田生命J1リーグ第4節の鹿島アントラーズ対サガン鳥栖において、鹿島のMF金崎夢生を踏みつける行為が確認され、4試合の出場停止処分を科された鳥栖DFキム・ミンヒョクが9日に鹿島のクラブハウスを訪れ、金崎やクラブに謝罪した。鹿島の公式フェイスブック(https://www.facebook.com/official.KashimaAntlersFC)が伝えている。

 キム・ミンヒョクは金崎に対し、直接謝罪をすると握手を交わす。金崎は「握手だけじゃ伝わらないから、肩を組んで笑って撮ろう」と撮影の提案をしたり、「スマイル、スマイル!」と積極的にキム・ミンヒョクに声を掛け、緊張している同選手をリラックスさせようと試み、「もう気にしていないから、今度対戦する時もお互いに全力でプレーしよう!」と、和解したことが伝えられた。

 またキム・ミンヒョクはトニーニョ・セレーゾ監督にも謝罪。セレーゾ監督が「人間、誰にでも失敗はある。私も失敗したことはある。謝罪に来たということで、あなたの人間性が素晴らしいことは十分に伝わってきた。良いチームメートとともに、良いチームにいるのだから、これからもがんばって欲しい」と激励した様子を報告している。

 クラブは公式フェイスブックにて、鳥栖およびキム・ミンヒョクの謝罪を受け入れると発表している。

サッカーキング

「サガン鳥栖」をもっと詳しく

「サガン鳥栖」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ