今年欧州で最もアシストしているのはメッシ…英紙がランクを発表

4月9日(木)0時20分 サッカーキング

3月22日の“クラシコ”でもアシストを記録したメッシ(中央) [写真]=FC Barcelona via Getty Images

写真を拡大

 8日付のイギリス紙『サン』が、イギリスのスポーツデータ会社『オプタ』の記録を元に、2015年の欧州アシストランキングを発表した。

 このランキングはプレミアリーグ、リーガ・エスパニョーラ、ブンデスリーガ、リーグ・アン、セリエAでプレーしている選手が対象で、2015年に入ってから記録したアシスト数の上位6名が発表されている。

 まず、ヴェローナ所属のアイスランド代表MFエミル・ハルフレドソン、マルセイユ所属のフランス代表FWディミトリ・ペイェ、アーセナル所属のスペイン代表MFサンティ・カソルラの3選手が5アシストを記録し、4位に入っている。

 7つのアシストを挙げたQPR所属のMFマット・フィリップスとヴォルフスブルク所属のベルギー代表MFケヴィン・デ・ブライネが、それぞれリーグトップの数字で、2位にランクインしている。

 2015年に入ってから最もアシストを記録しているのは、バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ。8アシストで単独1位になった。今年、自身でもリーグ戦で17ゴールを記録するなど、チームの首位奪取に大きく貢献している。

サッカーキング

欧州をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ