ドッセーナに万引き容疑も真相は「幼い息子が誤って荷物に入れた」

4月9日(木)4時8分 サッカーキング

昨年までサンダーランドでプレーしていたドッセーナ[写真]=Getty Images

写真を拡大

 フットボールリーグ1(イングランド3部リーグ)のレイトン・オリエントに所属する元イタリア代表DFアンドレア・ドッセーナが警察署に連れて行かれていたことがあきらかになった。8日付のイギリスメディア『デイリー・ミラー』が報じている。

 ドッセーナは百貨店で買い物をしていたところ、防犯ブザーを鳴らしてしまい、万引きの容疑がかけられていた。

 同選手の代理人を務めるゲイリー・スローン氏は「ドッセーナは妻と息子とともに買い物をしていたところ、幼い息子が誤って幼児用の本を自分のバッグに入れてしまい、防犯ブザーが鳴った。彼は当時IDを携帯しておらず、警察署で身分証明をしていただけだ」と、詳しい経緯を説明している。

サッカーキング

万引きをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ