ロナウドやメッシより上…現役のクラブ通算最多ゴール記録保持者はあの元Jリーグ助っ人

4月9日(木)13時35分 サッカーキング

大分とG大阪でプレーしたマグノ・アウベスは現在母国でプレーしている [写真]=兼子愼一郎

写真を拡大

 5日、スペインではポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが1試合に5ゴールを決めて世界中の注目を集めた。8日の試合でもゴールを記録したC・ロナウドは現役選手としてのクラブ通算ゴール数を423に伸ばしたが、この記録にはさらに上がいる。その選手の名は、日本のサッカーファンにも馴染みのある元ブラジル代表FWマグノ・アウベスだ。

 プロのキャリアをスタートした1995年当時のポジションは中盤の右サイドだったマグノ・アウベスは、数年後にはフォワードに転向。1998年から4年間在籍したフルミネンセで112ゴールを挙げる活躍を見せると、2001年に日本で行われたFIFAコンフェデレーションズカップではブラジル代表に招集され、FWワシントン(元浦和レッズ)と2トップを組んだ。2004年に大分トリニータへ移籍すると、2006年からはガンバ大阪でゴールを量産。スピードと決定力の高さを日本でも誇示したストライカーだ。

 現在も母国ブラジルで現役を続けているマグノ・アウベスに目立った衰えはなく、39歳という年齢を感じさせない活躍をみせている。

 ブラジルメディア『Lancenet』によるとマグノ・アウベスが持つ現役選手のクラブ通算ゴール数は、4月5日現在で427。2位のクリスティアーノ・ロナウドとは4ゴール差である。マグノ・アウベスを擁するセアラーは現在、カンピオナート・セアレンセ(セアラー州選手権)5連覇に向けて準決勝に駒を進めており、所属チームでスタメンの座を譲っていないマグノ・アウベスが同大会期間中に自身の記録を伸ばす可能性もありそうだ。

 マグノ・アウベスが自身の持つ記録をどこまで伸ばすのか、そしてクリスティアーノ・ロナウドとの記録争いは…? 今後もアラフォーのストライカーから目が離せない。

(記事/Cartao Amarelo)

サッカーキング

メッシをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ