セビージャ指揮官、ELスペイン勢対決に先勝も「今日だけでは意味がない」

4月9日(土)14時24分 サッカーキング

アスレティック・ビルバオ戦でセビージャを指揮するエメリ監督(左) [写真]=Getty Images

写真を拡大

 7日に行われたヨーロッパリーグ(EL)準々決勝ファーストレグ、注目のスペイン勢対決となった一戦は、セビージャがアウェーでアスレティック・ビルバオに2−1で逆転勝利を収めた。

 この試合、後半開始早々の48分に先制されたものの、56分に相手のミスからMFイェウヘン・コノプリャンカが同点弾を叩き込むと、83分にはカウンターからMFビセンテ・イボーラが逆転弾を決め、アスレティック・ビルバオを下したセビージャ。試合後の会見に臨んだウナイ・エメリ監督は、準決勝進出を大きく手繰り寄せる勝利を喜びながらも、ホームでのセカンドレグに向けて気を引き締めた。

「ラウンドの前半部分に当たる90分には満足している。最低でもアウェーゴールを奪い、できれば勝利を収めるという目標を達成できた。とはいえ、A・ビルバオもセビージャも野望を持って必死に戦っており、この勝負は非常に拮抗している。まだ後半部分の90分、場合によってはそれ以上の時間が残っているので、今日勝ったからといって喜んでばかりいられないというのが正直なところだ」

 エメリ監督はさらに、この日の勝利は忘れ、10日のリーガ・エスパニョーラ第32節のバレンシア戦、14日のアスレティック・ビルバオとのセカンドレグと続いて行く戦いに集中するべきであることを強調した。

「フットボールの世界では、今を生きなければならない。ポジティブな事もネガティブな事も終わってしまえば過去の産物となるゆえ、将来に目を向けて進んで行かなければならない。すなわち、今日の勝利だけでは何の意味もないということだ。我々はリーガでもしっかりと戦い続け、ELでは次のホームでの一戦に全力を注がなければならない」

サッカーキング

「スペイン」をもっと詳しく

「スペイン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ