後半に突き放した国士舘大が3発快勝、今季初白星…流通経済大は2連敗

4月9日(土)15時49分 サッカーキング

チーム2点目を挙げた平野智也(中央)に駆け寄る国士舘大の選手たち [写真]=内藤悠史

写真を拡大

 JR東日本カップ2016 第90回関東大学サッカーリーグ戦1部 第2節が9日に行われた。

 龍ヶ崎市陸上競技場たつのこフィールドの第二試合では、流通経済大学と国士舘大学が対戦した。ともに開幕節では完封負けを喫し、今シーズン初勝利を目指す両チーム。試合は開始早々に動いた。5分、国士舘大の田場ディエゴが先制ゴールを決め、早くもリードを奪った。

 1点ビハインドを負った流通経済大も、星野秀平のポストプレーで起点を作り、チャンスを作り出していく。右サイドハーフに入ったジャーメイン良のスピードに乗ったドリブル突破も相手に脅威を与えていた。そして26分、星野がペナルティーエリア左側でボールを収め、右前方へラストパス。走り込んでいたジャーメインが左足ダイレクトで冷静にゴール左隅へ沈め、スコアは1−1となった。

 同点で迎えた後半も、開始早々にスコアが動く展開となった。50分、リードを奪ったのは国士舘大。左サイド深くでボールを持った荒木翔が鋭いドリブルでゴールライン際まで持ち込むと、中央へのクロスに反応した平野智也がファーサイドで押し込み、ゴールネットを揺らした。

 以降も国士舘大は両サイドからの攻撃で主導権を握り、流通経済大を押し込んでいく。そして85分、ペナルティーエリア右手前からカットインした林祥太が鮮やかなシュートを決め、3点目を記録。リードを2点に広げ、勝利を決定付けた。

 試合は3−1で終了。後半に2ゴールを挙げて相手を突き放した国士舘大が快勝し、今シーズン初白星を挙げた。一方の流通経済大は連敗スタートとなった。流通経済大は次節、16日に龍ヶ崎市陸上競技場たつのこフィールドで明治大と対戦。国士舘大は次節、17日に味の素フィールド西が丘で早稲田大と対戦する。

【スコア】
流通経済大学 1−3 国士舘大学

【得点者】
0−1 5分 田場ディエゴ(国士舘大学)
1−1 26分 ジャーメイン良(流通経済大学)
1−2 50分 平野智也(国士舘大学)
1−3 85分 林祥太(国士舘大学)

取材・文=内藤悠史

サッカーキング

経済をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ