松本、松商学園高校とユース年代の選手育成に関する連携協定を締結

4月9日(日)13時14分 サッカーキング

松本が松商学園高校との連携協定締結を発表した [写真]=Getty Images

写真を拡大

 松本山雅FCは9日、松商学園高校とユース年代の選手育成に関する連携協定を締結したことを発表した。

 それによると、松本と同校は7日に松商学園本校舎で連携協定書の調印式を実施。この協定に基づいて、松本から同校サッカー部へ矢畑智裕コーチを派遣する。また、同校に通学する松本U−18所属選手に対して、大会派遣や学校生活指導などのサポートが行われるという。

 同クラブは公式HP上で「学校とクラブの連携の更なる強化により、ユース年代のサッカー環境の充実、将来サッカーで活躍する人材輩出だけではなく、地域社会のリーダーとなって活躍する人材育成に取り組むとともに、地域の活性化のお役に立てるよう取り組んで参ります」と、コメントを掲載している。

サッカーキング

「松商学園」をもっと詳しく

「松商学園」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ