ネイマール退場のバルサ、逆転優勝が遠のく痛恨の敗戦…レアルとの勝ち点差3に

4月9日(日)5時38分 サッカーキング

ファールを受けて倒れたメッシに詰め寄るマラガの選手たち [写真]=Getty Images

写真を拡大

 リーガ・エスパニョーラ第31節が8日に行われ、マラガとバルセロナが対戦した。

 現在3連勝で首位のレアル・マドリードを追走するバルセロナ。今節、レアルがアトレティコとの“マドリード・ダービー”で引き分けたため、勝ち点を詰めるチャンスを迎えた。首位レアルに1試合未消化分が残っているものの、勝利すれば勝ち点「72」で並ぶ。先発メンバーにはリオネル・メッシルイス・スアレスネイマールの“MSN”らが入った。

 バルセロナは試合の主導権を握り、相手ゴールに迫るが、なかなかゴールが遠い。すると32分、マラガにカウンターから先制を許してしまう。昨シーズンまでバルセロナに所属していたサンドロ・ラミレスに、最終ラインからのロングパスで抜け出されると、GKとの1対1で右足シュートをゴール左隅に決められた。

 反撃したいバルセロナだが、相手の厳しい守備に阻まれ、なかなか攻撃が噛み合わない。1点ビハインドで折り返すと、デニス・スアレスとジェレミー・マチューを下げ、アンドレス・イニエスタとセルジ・ロベルトを投入して後半を迎えた。それでもゴールが遠いバルセロナは61分にアンドレ・ゴメスに代えて、パコ・アルカセルを入れて攻勢に出る。

 63分、エリア内に抜け出したスアレスがボールキープから中央へクロス。そこに走り込んだネイマールがヘディングシュートを放つが、枠を捉えられない。焦りも見え出したバルセロナは64分、ネイマールが相手DFへの遅れたタックルで、この日2枚目のイエローカードを受けて痛い退場となった。

 数的不利となったバルセロナは相手のカウンターをしのぎつつ、攻勢を続ける。79分、エリア手前中央からのFKでメッシが直接狙うが、壁に直撃してゴールには繋がらない。すると90分、逆にパスミスからマラガのカウンターを受けると、ホニーに押し込まれて勝負あり。

 バルセロナは攻撃陣が不発のままタイムアップを迎え、0−2で痛恨の敗戦。1試合未消化分があるレアルとの勝ち点差は「3」に広がり、逆転優勝がますます苦しい状況となった。

 バルセロナは次戦、11日にアウェイで行われるチャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグでユヴェントスと対戦。マラガは次節、15日にデポルティーボとのアウェイゲームに臨む。

【スコア】
マラガ 2−0 バルセロナ

【得点者】
1−0 32分 サンドロ・ラミレス(マラガ)
2−0 90分 ホニー(マラガ)

サッカーキング

「レアル」をもっと詳しく

「レアル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ