モウリーニョが武藤に言及。「サッカーはビジネスだが、よい選手でなければ獲得はしない」

4月10日(金)22時32分 フットボールチャンネル

 チェルシーの指揮官ジョゼ・モウリーニョがFC東京のFW武藤嘉紀についてコメントした。10日、英紙『ガーディアン』が報じている。

 モウリーニョは「私は交渉については考えない」と、移籍騒動については関心がないことを強調した。

「私は武藤を少しだけ知っている。ただし、私がFC東京の選手のことを考えるのが、よいことだとは思わない。仮にFC東京の監督が私の選手について語ったら、私は嫌だろうね」

 また、武藤の獲得は、来季からチェルシーのユニフォームスポンサーとなる「横浜ゴム」の影響があるのではないか、という質問については「現代サッカーはビジネスであり産業だ」と、影響は避けられないという見方を示した。

「我々は常に経営状況を考える必要がある。とりわけチェルシーのようにファイナンシャル・フェアプレーのルールを守っていきたいと思っているクラブにとってはね。これは重要なことだ」

「しかし、我々はフットボール・クラブだ。タイトルを獲得したいと考えている。我々がよいプレーヤーと信じれなければ、その選手を買うことはない。これは紛れもない事実だ」

フットボールチャンネル

サッカーをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ