“素敵な時代”の終わりが近づくユベントス。将来を担う若手は誰?【八塚浩×チェーザレ ミネストローネ・ディ・カルチョ—04】

4月10日(金)17時16分 フットボールチャンネル

「格下のチームにもアッレグリは研究に手を抜かない」

 長く国内外のサッカーを実況し続けてきた八塚浩。そしてイタリア人のチェーザレ・ポレンギ。セリエAに精通する2人が、毎回1つのクラブを取り上げていく。第4回はユベントス。

—–

チェーザレ・ポレンギ(以下、チェ) 今回は首位のユベントスの話をしましょう。リーグ戦ではエンポリに勝って2位との勝ち点差は14のまま。チャンピオンズリーグは準々決勝まで進んでいる。対戦相手のモナコは最近あまり調子がよくなくて、最近8試合で3勝しかできていない。先週末のモンペリエ戦も0-0で全然ダメだった。あとは、フィオレンティーナに大逆転勝ちをしてコッパ・イタリア決勝まで進んでいる。

八塚浩(以下、八) 絶好調だね。

チェ もしスクデットを獲って、コッパ・イタリアも獲って、CLでもベスト4くらいまで行ったら、CLで優勝した年を除いて一番いいシーズンになるんじゃないかな。八塚さんから見てユーベ対エンポリはどうでした?

八 ユーベは力を発揮する、これはわかっている。一方でエンポリがどうやってユーベを苦しめるかな、ということだけを僕は楽しみにしていた。

チェ なるほど。

八 エンポリは高い位置からチェックに行って、相手のミスを誘いながらショートカウンターを狙っていきたかったんだけど、アッレグリはそんなこと重々承知で、相手が近づくと鼻先でワンタッチを使いながらパスを回していく。つまり自分たちのやりたいハイプレスが効かなかったうえ、中盤に数的優位を作ってプレッシャーをかけるということも一切できなかった。結局点差以上にユーベの個々の力が勝ったのかなという気はしたよね。

チェ アッレグリは落ち着いていて、コンテよりも神経質だけど、選手を上手くローテーションしながらいいサッカーをしている。彼のサッカーを見るときに印象的なのは、相手の研究をきっちりしていること。ドルトムントを完全に潰したでしょ。セリエAだとローマはホームで何もさせてもらえなかった。コッパ・イタリアで対戦した好調のフィオレンティーナはトリノでの1stレグに勝っていて、0-1で負けてもよかった。それでも何もできなかった。アッレグリはいつも同じじゃなくて、ちゃんと相手を研究してやり方を変えているよね。選手をローテーションさせたり、3バックと4バックを使い分けたり。

八 力関係が互角か、相手の方が上の時に研究するのは当たり前なんだけど、普通にやっても勝てるだろうという格下のチームにもアッレグリは手を抜くことなくきちんと研究しているんだよね。

チェ その結果、今季ユベントスが負けたのは4回しかない。2回はCLで、1回はちょっとアンラッキーだったセリエAのジェノア戦。あとはコッパ・イタリアのフィオレンティーナ戦だけど、4試合全部1点差だった。

八 すごいね、たいしたもんだね。

「ポグバがこんなに爆発するとは思わなかった」

チェ 昨年のコンテのシーズンより良くするのは難しかったけど、アッレグリはできそうじゃない?

八 僕はここまででアッレグリを成功と言っていいと思うんだよね。仮にモナコがCLベスト4へ行っても、ドルトムントを倒した時点で一応の目標を達成できていると思う。

チェ あの試合はユベントスのブランドにとっても重要な勝ち方だったね。ドルトムントは前々回大会のファイナリストで、人気があるチームだし、クロップ監督もすごく人気のある人。そこに勝てたのは大きい。

八 いまはモチベーションも高いよね。

チェ 次にアッレグリが使っている若い2人について話したい。ポグバとモラタね。ポグバはいま怪我をしているけど、モラタは完全に主力の1人になった。ユベントスでもCLでも、22歳がスタメンになるのは結構すごい。この歳でユベントスのスタメンだったのはデル・ピエロが最後じゃないかな。イタリアのクラブは一般的に若手をそんなに使わない。モラタとポグバは日本だと武藤と宇佐美と同い年だけど、CLにスタメンとして出ている。

八 この2人は本当にすごいね。正直に言って、ポグバがユーベに来た時こうなると思ってた?

チェ いや、全然思わなかった。

八 僕もここまでになるとは思わなかったよ。

チェ 当時はシャビ・アロンソが獲れるという話があったのに失敗してみんなすごくガッカリしていた。ユベントスのマロッタ会長は「ちょっと待って、ポグバを見て」と言ったけど、みんな「え〜?」という感じだった。19歳だった彼がこんなに爆発するとは思わなかったね。あれはコンテの若手育成のおかげ。

八 ユナイテッドも本当に悔しいだろうけど、世界中が新しいことを発見したような気がする。まだ誰も手をつけていないところに光り輝く原石がいて、見る人が見ればわかるし、育てる人がいればちゃんと育つという例を見せてくれたような気がする。他にもたぶんいるんだよ、第2、第3のポグバがね。

チェ いまはコマンという19歳の選手がいて、ちょっとしか出ていないけどかなり期待できるね。彼のプレースタイルはすごくシンプル。そんなに特別なことをやってはいないけど、普通のセリエAの選手より1.5倍のスピードでできている。プレミアのスピードにも問題なく合わせられるくらい速い。あれだけ1対1が強い選手はユベントスにもセリエAにもほとんどいないし、スーパーサブとしてもかなり役立つと思う。

八 相手は嫌だよね。

「若手と言えば来シーズンからユベントスに復帰するルガーニ」

チェ 若手と言えば、いまはエンポリでプレーしているけど、来シーズンからマロッタ会長がユベントスに復帰させると言っているルガーニ。僕は守備が好きだけど、彼は本当にすごいと思う。この前の試合ではテベスとモラタをマークして、苦労する場面もあったけど、まだ20歳ね。

 一番印象的だったのは、あの歳でDFをリードしていること。彼がラインコントロールをやっている。20歳で。いまイタリアでも人気があって、代表にも呼ばれて、誰に似ているかという話が結構出てきた。それには2つの考え方があって、1つはバルザーリに似ている。なぜならシンプルなプレーでミスが少ない。でも、彼のスタイルはエレガントだからネスタに似ているともいわれる。八塚さんはどう思いますか?

八 僕は順調に育ってくれればいいなくらいで、ルガーニがそこまで大物感があるのか疑っている部分がある。

チェ 彼はヘディングがすごく強いよね。高さだけじゃなくタイミングも完璧。ユベントスに全然負けていなかった。

八 僕が疑うには理由がある。10代か20代にかけてのメクセスがすごく印象に残っていて、どれだけ世界的な素晴らしいDFになるんだろうと思ったけど、案外伸び悩んだ。ルガーニは同じような失敗をせず、爆発的に成長してくれればいいよね。

チェ 僕が思うに、メクセスとルガーニの一番違うところは性格だよね。残留争いで苦労する場面も多いけど、ルガーニが今季もらったイエローカードは何枚だと思う?

八 どれくらいだろう。チェーポがそういうってことはかなり少ないってことだよね。

チェ 答えはゼロ。29試合に出場してイエローカードを1枚ももらっていない。比べていいのかはわからないけど、ルガーニと同じくユーベに入りそうなストライカー、ベラルディは9枚も貰っている。レッドカードもあるしね。しかもルガーニは29試合すべてにフル出場している。それは本当にすごいと思う。

 いまのユベントスに入ったら大先輩のキエッリーニ、バルザーリ、ボヌッチに加えて後ろにブッフォンもいて、ルガーニにっとっては大きなチャンスね。はじめの2、3シーズンはベンチが多いかもしれないけど、我慢して先輩たちから学んだら、彼のキャリアはユーベだけでなくイタリアにとっても重要なものになると思う。ルガーニとローマからサンプドリアにレンタルされているロマニョーリはイタリアの未来だよ。

「ルガーニは“ネクスト・バルザーリ”」

八 ユーベに入ったらルガーニは控えの一番手になるかな?

チェ オグボンナより上になる可能性はあるね。

八 それなら出場機会はたくさんあるね。あの3人がフル稼働するのは難しいから。

チェ カセレスもいるから4バックになる可能性もあるけど。

八 それでもルガーニはCB?

チェ CBだけど、ユベントスユース時代は3バックの右をやっていた。将来は“ネクスト・バルザーリ”になるかな。

八 そうなるだろうね。

チェ ユベントスに入って上手くなるといえば、最近印象的なのはパドインじゃない?

八 渋いね。

チェ 彼はなんでもできる。MFはもちろん、SBやウィンガーもやっている。こないだのエンポリ戦はMFで出場して、パス成功率は95%くらいだった。難しいプレーは多くないけど、上手くボールを回して、よく動いて、エンポリのハイプレッシャーにも負けなかった。

八 このところの使い方を見ると、リヒトシュタイナーが右ならパドインは左だよね。リヒトシュタイナーは精力的に上がっていくし目立つから、左のパドインを見るとどうしても地味に見えてしまう。

チェ パドインは働き者。自分が目立たなくてもいいタイプ。それでコンテにすごく愛された。いまは代表に呼ばれるのではないかという話もある。30歳になったけど、今のパドインはイタリア代表に役立つかもしれないね。

八 ユーティリティで使い勝手がいいからね。

チェ 彼のように特徴のない選手がここまで伸びるのはユベントスの力もあると思う。

八 しかし地味だよなあ。

「素敵な時代が終わってからは…」

チェ 最後に、今年もほぼ4連覇を決めて、ポグバは来季も残留すると思うし、ジョレンテの代わりにトップクラスのストライカーが入る話もある。ファルカオ、カバーニ、ジェコが候補と言われているね。テベスもあと1シーズンは残る。さらに強くなって、5連覇しても全然おかしくない。だけど来季末でピルロ、テベス、モラタの契約が切れて、その時はブッフォンもバルザーリも結構年を取っているし、チームの半分くらいが変わる可能性がある。

八 本当だね。

チェ リニューアルをどうやってするかが非常に大事になる。確かにポグバが出たらお金はいっぱい入るし、ピルロやブッフォン、バルザーリのような年俸の高い選手がいなくなれば十分なお金が残る。そこでマロッタGMがどう立て直すか、そこは面白いと思う。

 ユベントスにルガーニやベラルディ、ザザのような若い選手が入って、コマンが成長して、ユース上がりの新たな選手が出てくるかもしれない。そうなったら5連覇した後のシーズンでタイトルを獲らなくてもいいと思う。そこで大切なのはクラブがサポーターをしっかり納得させること。「素敵な時代が終わって新しいチームを作るから、若手を信じて応援してほしい」とね。これはミランとインテルができてないことだと思う。

八 なるほどね。

チェ もし本当にゼロから再スタートになったらしっかり説明しなくちゃいけない。サポーターが我慢できなければチーム作りも上手くいかないからね。

フットボールチャンネル

ユベントスをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ