S・ラモス、レアル残留へ。代理人が明かす

4月10日(金)10時30分 フットボールチャンネル

 レアル・マドリーのDFセルヒオ・ラモスは、この夏に移籍をする意思は無いようだ。代理人が現地時間9日のスペイン紙『マルカ』で明かしている。

 S・ラモスはマドリーと2017年まで契約を結んでいる。同選手には、バイエルン・ミュンヘンが興味を示しているという噂もあったが、代理人は「ラモスはクラブのユニフォームを再び着ることになる」と、残留を強調。

 さらに「セルヒオはレアル・マドリーで満足している。マドリードの街にも幸せを感じている。彼は契約の通りクラブのユニフォームを再び着ることになるだろう」と、明かした。

 また同選手自身も昨年12月、契約延長に関して「問題があるとは思っていない」と、前向きな姿勢を示しておりどうやら来季もマドリーでプレーするようだ。

フットボールチャンネル

レアルをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ