ルーマニアでも武藤のチェルシー移籍の噂を報道「ルーマニアでムトウといえば…」

4月10日(金)5時0分 フットボールチャンネル

 イングランド・プレミアリーグのチェルシーへの移籍が噂されるFC東京の日本代表FW武藤嘉紀。8日にはFC東京の大金直樹社長がオファーが届いていたことを認めたことで大きな話題となっている。

 武藤移籍の噂はイングランドを始め世界各国で報道され始めている。「一文字違いのムトゥ、人生を変える移籍。(中略)モウリーニョが欲しいのはムト…」と見出しをつけたのは9日付ルーマニアのWEBメディア『sport.ro』だ。

 日本での報道の経緯を説明したうえで、「ルーマニアで“ムトウのチェルシー移籍”といえば、別の移籍が思い出される」と、2003年にチェルシーへ移籍した元同国代表FWアドリアン・ムトゥを引き合いに出して報じている。

 続けて、「ムトゥは10年以上前にスタンフォード・ブリッジ(チェルシーの本拠地)に移籍した選手のひとりだ。だが、彼はコカインを使用したスキャンダルにより、1シーズンでモウリーニョに首にされた」とムトゥの経歴を紹介した。

 1月には最愛の母親の看病のために現役を引退したムトゥ。武藤のチェルシー移籍報道は、ルーマニアでも大きな注目を集めそうだ。

フットボールチャンネル

「武藤嘉紀」のニュース

BIGLOBE
トップへ