レアル、ベイル離脱の可能性を考慮してCR7のイエローに抗議

4月10日(金)6時0分 フットボールチャンネル

 レアル・マドリーはFWクリスティアーノ・ロナウドへのイエローカードの取り消しをスペイン技術委員会に抗議している。9日、スペイン紙『アス』が伝えた。同選手は8日のリーガ30節ラージョ戦で警告を受けていた。

 マドリーはエイバル戦の3日後、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝アトレティコ・マドリー戦に臨む。アンチェロッティ監督も「C・ロナウド自身も抗議する意向は無かった」と語っていた。しかし、ラージョ戦が始まる前から違和感を患っていたFWガレス・ベイルが、エイバル戦に出場できないことを受け、クラブは即座に意見を変えたと報じられている。

 C・ロナウドはラージョ戦の後半、エリア内で相手ディフェンスのタックルを受けた際、審判にPKを貰う為の演技と判定された。このため累積警告となる今季5枚目のイエローカードを出され、次節のエイバル戦は欠場となる見込みとなっていた。

 最終的にC・ロナウドのイエローカードが取り消されなかった場合、マドリーはMFトニ・クロースとMFハメス・ロドリゲスも出場できない状態に至る。2選手はC・ロナウドと同じくイエローを出されていた。

フットボールチャンネル

抗議をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ