「本田は消えた」「面白みに欠けた」。ユーベ戦敗戦で伊紙から低評価

4月10日(日)20時48分 フットボールチャンネル

「負けたのは本田のせいではないが…」

 ミランは現地時間9日、ユベントスと対戦してホームで1-2の敗戦を喫した。現地メディアは本田圭佑に対してやや低めの評価を下した。(文:神尾光臣)

————–

 ユベントス戦から一夜明けた10日、地元紙は本田圭佑に対して及第点か、もしくは及第点を下回る評価を下した。戦術面での貢献については一定の評価が集まり、中には及第点の評価を与えたところもあった。

 しかし前半33分のミドルシュート以外は目立ったチャンスを作れず、後半に調子を落としたチームとともに消えたという評価になった。各紙の評価及び評点は以下の通り。

『ガゼッタ・デッロ・スポルト』 5.5
「『ユーベに負ければ自分のせいであり、監督や他の選手のせいではない』。先週、彼はそう語っていた。実際には彼のせいで負けたわけではなかったが、パフォーマンスは十分なものではなかった。楽にコントロールできるはずのボールをみすみすと流してしまい、そこから1-1となる失点へと繋がっている」

『コリエレ・デッロ・スポルト』 5.5
「少なくとも前半、アバーテとの連係はミランの中で戦術的に一番機能していた。事実アレックス・サンドロは全く攻めこむことができていなかった。しかし他のミランの選手とともに、前半で消えた」

『トゥットスポルト』 6
「前半33分には、不正確ではあったものの強烈なシュートでブッフォンを手こずらせている。そしてアレックス・サンドロを低い位置に押し込めていた」

『コリエレ・デッラ・セーラ』 5.5
「一本のミドルシュートでいくらか脅威は冷や汗は(ユベントスに)かかせたものの、ミランとともに消えた」

『ラ・レプッブリカ』 5.5
「犠牲を強いられた試合で、常に数的不利に晒されていた。しかし面白みには欠けた」

(文:神尾光臣)

フットボールチャンネル

「ユベントス」をもっと詳しく

「ユベントス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ