ミラン4発大勝、痛恨の黒星喫したインテルを抜いてダービーへ。本田と長友は出場せず

4月10日(月)0時0分 フットボールチャンネル

【ミラン 4-0 パレルモ セリエA第31節】

 ミランは現地時間9日、セリエA第31節でパレルモをホームに迎え、4-0の勝利を収めた。MF本田圭佑はベンチ入りしたが、今節も出番はなかった。

 ミランは先発に復帰したスソがいきなりゴールを決めた。6分、ペナルティエリア右のかどあたりからFKのチャンスを得ると、左足で華麗に決めて先制点を奪う。

 降格圏に低迷するパレルモ相手に主導権を握ったミランは、19分にスソのクロスからパシャリッチがゴール。リードを2点とすると、37分にはカラブリアのクロスにバッカが合わせて3-0で折り返した。

 後半に入って70分、デウロフェウのゴールで4点差としたミランは、終盤にパレルモが退場者を出したこともあり、危なげなく勝ち点3を手にした。

 次節のダービーの相手であるインテルは、アウェイで18位に低迷するクロトーネに1-2で敗れており、両者の順位は入れ替わった。ミランが6位に浮上して伝統の一戦に臨むことが決まっている。なお、インテルのDF長友佑都はベンチ入りしたが出場機会はなかった。

【得点者】
6分 1-0 スソ(ミラン)
19分 2-0 パシャリッチ(ミラン)
37分 3-0 バッカ(ミラン)
70分 4-0 デウロフェウ(ミラン)

フットボールチャンネル

インテルをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ