【米国はこう見ている】1年半ぶり本塁打に上機嫌のAロッド 「ベース一周にグーグルマップが必要」

4月10日(金)17時3分 フルカウント

出場停止から復帰後初ホームラン「とにかく久しぶりすぎて」

 禁止薬物使用問題で昨年は公式戦出場停止となっていたヤンキースのアレックス・ロドリゲス内野手が、9日(日本時間10日)のブルージェイズ戦で復帰後初ホームランを放った。

 1−5で迎えた6回、先頭打者として打席に立ったAロッドは、相手先発ダニエル・ノリス投手が投じた89マイル(約143キロ)の速球をレフトスタンドに突き刺さした。本拠地ヤンキースタジアムからは大歓声が沸き起こった。

? 地元紙「ジャーナル・ニュース」によると、軽快な足取りでホームインしたAロッドは「ベースを一周するのにグーグル・マップか何か必要じゃないかと思った。とにかく久しぶりすぎてね。ホームのファンの歓声は本当に心地よかったし、それで少し勢いに乗れたんだけどね」と声を弾ませた。

 2013年9月20日のジャイアンツ戦で満塁ホームランを放って以来となる今季初本塁打。自身通算655本目で、MLB歴代4位のウィリー・メイズ(660本)に5本差に迫った。久々の一発に、ヤンキースタジアムのダイヤモンドでナビゲーターが必要だというジョークも冴え渡った。

「今年、私がやることはすべてサプライズになるかもしれない」

 復活の1号に、ベンチで見守っていたジョー・ジラルディ監督も絶叫。指揮官がハイタッチでAロッドを迎え入れると、選手は全員がハイタッチで迎え、登板日ではなかった田中将大投手も祝福した。

 この日は「2番・DH」で先発し、3打数1安打、1本塁打、1打点、1四球。今季、これまでの2試合は「7番・DH」だったが、キャリアでは遊撃手と三塁手として活躍してきたAロッドは「スプリングキャンプ中にも話したけれど、今年、私がやることはすべてサプライズになるかもしれないね。自分自身にとっても時に驚きなんだ」と語った。キャンプ中は人生初の一塁手を実戦でテストされ、巧みなグラブ捌きを見せるなど、センスを見せつけていた。

 本来の三塁には、チェース・ヘドリー内野手がスタメンで出場しているが、定評のあった守備面で凡ミスが続いている。三塁復活もあるかもしれない。禁止薬物使用問題のペナルティで1年以上、実戦から遠ざかっていたAロッドにはキャリアの危機が囁かれていたが、存在感はやはり飛び抜けているだけに、ジラルディ監督も今後は様々な起用法を見せるかもしれない。

フルカウント

「グーグル」をもっと詳しく

「グーグル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ