ジェノアのモロッコ代表ベルグディシュ、夫人への暴行容疑で起訴される

4月10日(金)20時9分 サッカーキング

夫人への暴行容疑で起訴されたベルグディシュ [写真]=Getty Images

写真を拡大

 ジェノアのモロッコ代表DFザカリア・ベルグディシュが、妻への暴行容疑で起訴されたことが明らかになった。9日付のイタリア・メディア『ANSA』が報じている。

 同メディアによると、ベルグディシュは妻に対して暴行をはたらき、けがを負わせた模様。夫人は救急病院に搬送され、全治15日と診断されていた。さらに、夫人は警察の調べに対してベルグディシュに殴られたことを告白。この証言により警察はベルグディシュを起訴する運びとなった。

 現在26歳のベルグディシュは、今冬の移籍市場でバジャドリードからレンタル移籍でジェノアに加入。ここまでセリエAの6試合に出場していた。

サッカーキング

「暴行」をもっと詳しく

「暴行」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ