連勝のマンCが3位アーセナルに肉薄…チェルシーはヒディンク体制初黒星/プレミア第33節

4月10日(日)13時9分 サッカーキング

マンC(左)、アーセナルのジルー(右上)、チェルシーのセスク(右下) [写真]=Getty Images

写真を拡大

 プレミアリーグ第33節が9日に各地で行われた。

 首位レスターから勝ち点11差の3位につけるアーセナルは、アウェーで6位ウェストハムと対戦。18分にMFメスト・エジル、35分にFWアレクシス・サンチェスのゴールで2点をリードしたアーセナルだったが、44分と前半アディショナルタイムにウェストハムFWアンディ・キャロルに連続でゴールを決められ、同点で前半を折り返す。52分にもキャロルにヘディングを叩き込まれて逆転を許したアーセナルは、70分にDFローラン・コシェルニーが同点ゴールを挙げたが、勝ち越し点を奪うには至らず3−3のまま試合終了。痛恨のドローで優勝が絶望的となった。



 4日に来シーズンの新指揮官に現在イタリア代表を率いるアントニオ・コンテ監督が就任すると発表された10位のチェルシーは、アウェーで15位のスウォンジーと対戦した。25分にスウォンジーのMFギルフィ・シグルズソンのボレーがゴールネットを揺らすと、このまま試合は1−0で終了。チェルシーはフース・ヒディング監督就任後、プレミアリーグでの初黒星を喫した。



 ホームにウェスト・ブロムウィッチを迎えた4位マンチェスター・Cは、開始早々の失点で先制を許したが、16分にFWセルヒオ・アグエロがPKを決め、すぐさま同点に追いつく。66分には昨年9月以来のスタメン復帰を果たしたMFサミル・ナスリが勝ち越しゴールを挙げ2−1で勝利。この日引き分けた3位アーセナルに2ポイント差と迫った。



 その他の試合結果は以下のとおり。

■プレミアリーグ第32節(9日開催)
ウェストハム 3−3 アーセナル
ワトフォード 1−1 エヴァートン
スウォンジー 1−0 チェルシー
サウサンプトン 3−1 ニューカッスル
クリスタル・パレス 1−0 ノリッジ
アストン・ヴィラ 1−2 ボーンマス
マンチェスター・C 2−1 ウェスト・ブロムウィッチ
サンダーランド − レスター ※10日開催
リヴァプール − ストーク ※10日開催
トッテナム − マンチェスター・U ※10日開催

サッカーキング

「アーセナル」をもっと詳しく

「アーセナル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ