岡崎先発のレスター、ヴァーディ2発で5連勝達成…リーグ制覇まであと3勝

4月10日(日)23時25分 サッカーキング

ヴァーディ(右から2番目)もゴールを祝うレスターの選手たち [写真]=Leicester City FC via Getty Images

写真を拡大

 プレミアリーグ第33節が10日に行われ、サンダーランドとレスターが対戦した。

 18位に沈み残留を争っているサンダーランドがホームに首位レスターを迎えての一戦。2位トッテナムに勝ち点差「7」をつけているレスターは、残り6試合で4勝を挙げれば、無条件で優勝が決まる。奇跡のリーグ制覇へ向けて今節もベストメンバーが起用され、岡崎は13試合連続の先発出場。ジェイミー・ヴァーディと2トップを組む。

 最初のシュートはレスター。開始2分に右CKを得ると、ニアサイドの岡崎が頭で合わせたが、ここは枠を捉えることができなかった。さらに15分、今度は左からのCKにウェズ・モーガンが飛び込んだが、ヘディングシュートはゴール右へ外れた。

 サンダーランドは35分、右サイドからファビオ・ボリーニが右足でクロスを上げると、エリア内に走り込んだユネス・カブールがヘディングで合わせたが、このシュートはわずかに枠の上に外れた。さらに前半アディショナルタイム1分、カウンターを仕掛けると、ジャーメイン・デフォーからエリア内右でパスを受けたボリーニが右足を振り抜く。DFの足に当たってコースが変わったシュートは枠を捉えたが、GKカスパー・シュマイケルが左足で防ぎ、ゴールを割らせない。

 試合はこのまま0−0で前半を折り返す。

 後半に入り先にチャンスを作ったのはサンダーランド。51分、前線でドリブルを仕掛けたデフォーがエリア内左から右足シュート。DFに当たってこぼれたボールを拾ったボリーニがエリア外右から右足で狙ったが、強烈なシュートは惜しくもゴール左上に外れた。

 直後の52分にはレスターの攻撃。敵陣中央でボールを持った岡崎がエリア内左に走り込んだエンゴロ・カンテにスルーパス。これを受けたカンテがマイナス方向に折り返すと、岡崎が左足ダイレクトで合わせる。しかしこのシュートは大きく枠の上に外れてしまった。

 レスターは62分、岡崎を下げてレオナルド・ウジョアをピッチへ送り出す。すると66分、ダニー・ドリンクウォーターからのロングパスでディフェンスラインの裏を取ったヴァーディがエリア内左に侵入。GKと1対1を迎えると、冷静にゴール右隅にシュートを沈め、レスターが先制に成功した。ヴァーディは7試合ぶりの得点で今シーズンのゴール数を20の大台に乗せた。

 逃げ切りを図るレスターは80分、リヤド・マフレズを下げてデマライ・グレイを投入した。交代直後の82分、サンダーランドが決定機を迎える。エリア外右からパトリック・ファン・アーンホルトが右足でミドルを放つと、DFに当たったボールがゴール前のジャック・ロドウェルのもとへ。しかしロドウェルが右足で放ったシュートは枠の右上に外れてしまい、同点とはならない。

 終盤はサンダーランドが敵陣に押し込む展開となったが、同点ゴールは生まれない。すると逆に後半アディショナルタイム5分、カウンターで最終ラインを突破したヴァーディが最後はGKもかわして無人のゴールに流し込み、決定的な2点目をマーク。試合はこのまま終了し、リーグ戦5連勝を飾ったレスターが、優勝へ近づく勝ち点3を獲得した。

 次節、サンダーランドは16日に敵地でノリッジと、レスターは17日にホームでウェストハムと対戦する。

【スコア】
サンダーランド 0−2 レスター

【得点者】
0−1 66分 ジェイミー・ヴァーディ(レスター)
0−2 90+5分 ジェイミー・ヴァーディ(レスター)

サッカーキング

レスターをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ