浦和、決定力欠き横浜FMとの上位対決はスコアレスドロー…互いに4連勝逃す

4月10日(日)14時55分 サッカーキング

横浜FMと浦和の上位対決はスコアレスドローに終わった [写真]=兼子愼一郎

写真を拡大

 2016明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第6節が10日に行われ、横浜F・マリノスと浦和レッズが対戦した。

 勝ち点差2で迎えた4位の横浜FMと首位の浦和による上位対決。3連勝中の横浜FMはこの試合に勝てば他会場の結果次第で首位に浮上する可能性もあり、ホームで勝ち点3を獲得したい。前節、加入後初ゴールをマークしたMFマルティノス、同じく新加入のFWカイケらが先発に名を連ねた一方、左太ももを痛めているFW齋藤学はメンバー外となった。

 対する浦和も3連勝中と好調を維持。2年連続のファーストステージ制覇に向け、勝って首位を堅守したいところ。5日に行われたAFCチャンピオンズリーグ・グループステージ第4節の広州恒大(1−0で勝利)から2名を入れ替え、MF梅崎司、FWズラタンに代わってFW李忠成、FW興梠慎三がスタメンに名を連ねている。

 ファーストチャンスはアウェーの浦和。2分、最終ラインからのロングパス1本でディフェンスラインの裏を取った武藤雄樹がエリア手前ゴール正面の位置から右足ハーフボレーで狙ったが、シュートはGK飯倉大樹に弾かれ、枠の左へ逸れた。8分には柏木陽介から浮き玉のパスを受けた武藤がエリア内左にスルーパス。抜け出した興梠が左足でシュートを放ったが、ここはジャストミートすることができす、GKにキャッチされた。

 さらに20分、右サイドをドリブルで持ち上がった関根貴大が右足でクロスを上げると、ファーサイドの興梠が頭で折り返し、最後は中央の李が左足でボレー。しかしシュートは枠の上に外れてしまった。敵陣に押し込む時間が続いた浦和だったが、得点を奪うには至らず、試合はスコアレスで前半を折り返す。

 後半に入り60分、横浜FMは右サイドからのクロスがエリア手前に流れると、このボールを拾った中町公祐が右足でミドルシュート。しかしわずかに枠の右上に外れてしまった。浦和は62分、柏木に代えて青木拓矢を投入する。直後の68分にはゴール前正面の好位置で得たFKを阿部勇樹が右足で狙ったが、枠の右隅を捉えたシュートはGKにキャッチされた。

 横浜FMは70分、自陣から中村俊輔が前線にロングボールを送ると、裏に抜けだした遠藤渓太がエリア内左に侵入したが、ボールコントロールをミスしてしまい、シュートにつなげることができなかった。チャンスを逃した横浜FMは72分にカイケを下げて伊藤翔、77分には遠藤に代えて前田直輝をピッチに送り出す。

 終盤は浦和が相手ゴールに迫る場面を作ったが、最後まで得点は生まれず、試合は0−0で終了。互いに4連勝を逃し、勝ち点1を分け合うこととなった。

 次節、横浜FMは16日に敵地でジュビロ磐田と、浦和は同日にホームでベガルタ仙台と対戦する。

【スコア】
横浜F・マリノス 0−0 浦和レッズ

サッカーキング

「明治安田生命」をもっと詳しく

「明治安田生命」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ